5th Avenueの縮毛矯正のこだわりについて。

 

 

 

髪の毛がうねうねしたり、広がったり、、。

 

 

朝、寝ぐせがすごくてセットがめんどくさい。

 

 

こんなお悩みありませんか?

 

 

そんな時は縮毛矯正なんですが、

ツンツンになっちゃうって思ってませんか?

 

 

むしろ、こうしかならないって思ってませんか??

施術例の1例です。

 

 

縮毛矯正は美容技術の中でも難しい技術です。

 

 

高度な技術と知識と経験が必要になってきます。

 

 

今の世の中には、いろいろなトリートメントや薬剤、縮毛矯正の技法がありますが

 

 

髪の毛が傷まない、治るなんてものはありません。

 

 

傷まない縮毛なんてないのです!

 

 

髪の毛の体力は引き算でしかないのです。

 

 

なので、5th Avenueでは基本的に根本だけ伸びてきたところだけ

 

 

最低限のダメージでかけていきます。

 

 

縮毛矯正をやりながら、伸ばしていくことも可能です♪

 

 

まっすぐが飽きちゃったなって時は、毛先をクルンとすることもできますよ。

 

初めての方はいろいろ話をしたり、髪の毛がいまどういう状態なのかをみてから

 

 

施術に入りますのでお時間に余裕をもってお越しくださいませ。

 

 

5th Avenueで一緒に可能性を見い出してみませんか?

 

 

皆さまのお越しをお待ちしております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここまで読んでくださり、ありがとうございます。

 

 

ここから先は、少しマニアックな内容となりますので読んでもよくわからないと思います(-_-;)

 

 

上の内容をより細かく説明しているので、好奇心旺盛な方や髪に対して思いがある方はお読み

 

 

頂ければ嬉しいです。

 

 

 

5th Avenue  縮毛矯正の特徴

 

 

 

        

         施術時間

 

 

 

3~4時間になります。

 

(カットされる方は+1時間を

   目安にしてください。)



 

 

 

          

         薬剤

 

ph9以下~ph5までの15種類の薬剤から

 

各部位のダメージ具合に合わせて、

 

数種類を選定しセンチ単位で

 

細かく塗り分けていきます。



 

 

 

         

          

         既矯正部

基本的には薬剤を塗布せず、

 

プロテクターで保護していきます。

 

髪を伸ばしていくことも可能です。

 

ウェーブバックした髪には薬剤を塗布

 

することもあります。



 

 

 

        ブロー

薬剤を流し終えた時の

 

髪の状態で判断します。

 

そのままブラシなどを使わず

 

乾かすこともあります。



 

 

 

 

        

        アイロン

 

5mm~1cmのスライスで細かく分けとり

 

アイロンをしていきます。

 

テンション(引っ張る力)と

 

プレス(押す力)の力加減に気をつけながら

 

髪の毛を潰さずキューティクルを整え

 

しなやかで滑らかな髪の毛にしていきます。

 



 

 

 

         

         2剤

過酸化水素水をたっぷりと使います。

 

使用量が少ないと酸化不足(定着しない)

 

を起こしてしまい、ウエーブバックに

 

繋がる可能性があるのでたっぷりと

 

使用します。



 

 

 

 

                         

                           AFTER

残留オキシと残留アルカリをしっかりと

 

除去していきます。

 

残留アルカリ・・・髪の毛がアルカリに傾いていると

  膨潤しやすく、髪の毛のタンパク質が流出し

  ダメージが進行してしまう。

 

 残留オキシ・・・過酸化水素(活性酸素)が

  酸化を促進し、ゴワつきや硬さの原因となる。



 

 

 

 

       トリートメント

髪の毛の状態によって判断致します。

 

追加料金などはありませんので

 

安心してください。

 

髪の状態によってはトリートメントなしで

 

施術する場合もございます。



 

 

ダメージを必要最低限にするということは、繊細な作業を要するため

 

どうしても時間がかかってしまうのです。

 

これを簡素化してしまうと仕上がりがぜんぜん違ってくるので

 

ご理解いただけたらと思います。

 

 

言い訳に聞こえてしまうかもしれませんが、髪の毛の体力をいかに残すかを考えながら

 

施術していくため、初めての方だと「様子見」の施術になります。

 

お客様にとってはもの足りないかもしれませんが、今までがどういう状態なのかを

 

実際に縮毛矯正をかけることによってわかることもあるためです。

 

もちろん、しっかり話をして現状で起こりうることを説明して施術に入りますが

 

現状より仕上がりが良くないということは絶対に避けなければならないので、

 

こういう形をとらせていただきます。

 

 

2回、3回とかけることによって、こちらもお客様の髪の状態を把握し

 

お客様ご自身でも違いを実感していただけると思っております。

 

 

もちろん、いま通っている美容院に不満がなければそのままでいいと思います。

 

思い通りにいかないなと悩んでいたり、なんか違うなと感じたり、

 

自分の髪の毛に対してあきらめていた方へ

 

5th Avenueでは安心してかけられる縮毛矯正を提供しています。