近年、花粉症に代表されるようになんらかのアレルギーをもっている方が増えています。

 

 

それに伴い、ヘアカラーを行った際に起こる肌のトラブルが増えています。

刺激の少ないアルカリカラーが主流になっている事からも分かるように、

 

 

   3人に2人が敏感肌(アレルギー)という時代の中で、

 

 

今よりもっとヘアカラーのことを深く知ることが大切になってきます。

アルカリカラーで頭皮が受ける刺激は主に3つ

 

1、アルカリ          ピリピリ・チクチク・痛いなどの症状

 

 

2、過酸化水素水(オキシドール)熱い・火傷のような痛さ

 

 

3、パラフェニレンジアミン   かゆみ・かぶれ

 

 

1と2に関しては、ヘアカラーを繰り返し行っても蓄積されないが、

 

 

3に関しては蓄積されるので特に注意が必要。

※ジアミンとは染料の1つで、少量で色を暗く出せるのでほとんどのカラー剤に含まれています。

 

 

 ジアミン反応は特に頭皮にダメージが多く、

 

 頭皮が熱を持つ・2~3日かゆい・かぶれ・喘息・目がチカチカする・・・がありますが、

 

 特にアナフィラキシー(急性アレルギー反応)には注意が必要です。

個人の体質やその時の体調、夏や冬など汗をかきやすい季節などで、

 

 

症状が出たり出なかったりします。

 

 

1度パッチテストしたからといって安心はできないのが現状です。

 

 

5th Avenueでは、

 

 

お客様の安心・安全のため毎回のパッチテストを実施しております。

 

 

所要時間は10分程度で済みますので、

 

 

ご理解の方よろしくお願い致します。

 

 

 

5th Avenueで取り扱っているヘアカラーは、

 

 

カラー剤の中でジアミン染料の1番少なく配合されているカラー剤と

 

 

ジアミンが配合されていないノンジアミンカラーを使用しております。

もう少し、詳しく知りたいという方はブログ記事をお読みください。