パッチテストとヘアカラー

昨日は今年初の講習でした。

 

 

また、今年も頑張りますので温かい声を

 

 

よろしくお願い致します笑。

  

 

少し長い文章ですが、                                                                                                                        

 

今回の講習に至った経緯と受講したことでの

 

 

僕の気持ちを綴りましたので、                                     

 

よろしかったらお読みください!                                                                                                        

 

 

昨年の9月頃お客様が当店でヘアカラーをし

 

 

2日後頭皮が痒くなりかぶれてしまったとの

 

 

連絡をもらったのがきっかけでした。

 

 

 

パッチテストやカラー剤にだいたい

 

 

入っているジアミンが引き起こすアレルギー

 

 

などの知識をもっと髪の毛のプロとして

 

 

知らなければならないと思い、

 

 

ノンジアミンカラーを作っているメーカーの

 

 

話を聞く講習会を行いました。

 

 

ヘアカラーのアレルギーを

 

 

引き起こす原因物質は大きく3つ。

 

1、アルカリ

 

2、オキシドール(過酸化水素水)

 

3、パラフェニレンジアミン

 

                                                                               

 

 

この中でも1番僕達美容師を悩ますのが、

 

 

3のパラフェニレンジアミンなんです。

 

 

このジアミン、

 

 

染めたときは症状が出ないのですが、

 

 

約2~3日後にかゆみやかぶれや腫れなどの

 

 

症状が出てきます。

 

 

基本的には、アルカリやオキシドールと違い

 

 

ジアミンは蓄積なので1度症状が出ると

 

 

ジアミンが配合されているカラー剤では

 

 

染めることができなくなってしまいます。

 

 

もともとジアミンアレルギーの方もいます。

 

 

1番怖いのが今まで同じ薬剤で染めていたの

 

 

に突然症状が出てしまうことです。

 

 

ここで、パッチテストを毎回やる重要性が

 

 

あります。

 

 

突然症状が出ることもありますし、

 

 

寝不足・疲れなどその日の体調によっても

 

 

普段陰性でも出ることがあります。

 

 

1度、パッチテストをやって陰性だったから

 

 

大丈夫とは言い切れないのです。

 

 

そのことを自分の認識不足もあり、

 

 

痛感させられました。

 

 

症状が出てからでは遅いのです❗

 

 

今回 この話を聞いて、今後当店にお見えに

 

 

なってくださるヘアカラーをされる

 

 

お客様には毎回パッチテストを

 

 

やろうと決意しました。

 

 

本当の意味でお客様の安心と安全を守り

 

 

髪の毛のプロとして寄り添いたいと。

 

 

これだけ世の中に花粉症をはじめ様々な

 

 

アレルギーが蔓延しています。

 

 

今後、ヘアカラーのアレルギーも増えて

 

 

くるだろうと予想されます。

 

 

 

ひとりでも多くの理美容師さんたちが

 

 

パッチテストの重要性を認識し、

 

 

ヘアカラーのアレルギーでつらい思いを

 

 

している方達を救えたらなと思います。

 

 

読んでいただきありがとうございました。

 

 

では☝️